データの持ち方

【データの持ち方概要】

Connect-CMS では、記事などのデータと、画面を切り離す設計方針を採用しています。
この方針の狙いは以下のものです。

  • 間違えて削除しても、データは残っているようにしたい。
  • 同じデータを複数ページに表示するという柔軟な画面構成を実現する。

以下にデータの設計イメージを示します。

  • データ設計イメージ

データ設計の説明

【画面側設計】

  • Connect-CMS で作成したWeb サイトは複数のページを持ちます。
  • ページは、複数のフレームを持ちます。
  • フレームは一つのバケツに紐づきます。

【データ側設計】

  • バケツというものがあります。
  • 一つのバケツには、同じ種類のデータが入っています。例えば、「最新情報ブログ」というバケツがあり、そこに記事がたくさん入っている。というイメージです。

ページとフレームの例

以下にページとフレームの例を示します。

フレームとバケツの例

以下にフレームとバケツの例を示します。

  • 歯車をクリックし、フレームの編集画面から、バケツの選択画面で、フレームに対するバケツを選択できます。
  • バケツの選択画面は、プラグインによっても異なりますが、「XXX選択」と表示されています。
  • 新しいバケツを作成する場合は、「新規作成」を選んでください。