フレーム編集

フレーム編集

  • フレームデザインには、none, default, primary, secondary, success, info, warning, danger の選択肢があります。
  • フレーム幅は100%と1~12までの数値が選択できます。エリア内の幅を12として、指定した数値/12でフレームを表示します。例えばフレーム幅6のフレームを2つ配置すると、フレームが同じ幅で横に並びます。
  • フレーム幅6のフレームを1つ、フレーム幅3のフレームを2つにしても、横に並びます。
  • フレーム幅の指定を使って、フレームを横に並べた場合でも、スマートフォンの表示では、自動的にフレームが縦にレイアウトされるようになります。
  • フレームをブラウザ幅100%にする。設定を活かすには、サイト管理 > レイアウト設定 > ブラウザ幅の100%で表示する設定。も必要です。
  • テンプレートを選べるプラグインは、テンプレートによって、表示レイアウトを変更できます。
  • class名はフレームに任意のclass名を設定で来ます。テーマを作成してデザインを追加する際に便利な機能です。

フレームデザインのパターン
  • None

  • None(タイトルを空にしたパターン)

  • Default

  • Primary

  • Secondary

  • Success

  • Info

  • Warning

  • Danger

複数フレームの設定例

複数フレームのスマートフォン表示例