概要

外部認証を設定できます。
どの外部認証を使っても認証後、サイトに該当ユーザがいない場合、自動作成します。

認証設定

認証設定.jpg

  • 外部認証に加えて、通常ログインも使用できる設定があります。
    • LDAP認証またはNetCommons2認証で通常ログインも「使用する」場合、外部認証でログインできなかったら、連続して通常ログインを行います。
    • Shibboleth認証で通常ログインも「使用する」場合、ログインURL を直接入力して通常ログインを行います。

LDAP認証

LDAP認証.jpg

  • phpモジュールの php_ldap を使い、LDAP認証を行います。
  • php_ldap が有効かどうか、当画面で確認できます。
  • Ldap形式のDN(例:uid=test001,ou=People,dc=example,dc=com)とActive Directory形式のDN(例:testuser001@example.com)に対応しています。

Shibboleth認証

Shibboleth認証.jpg

  • Apacheモジュールの mod_shib を使い、Shibboleth認証します。
  • Shibboleth認証の設定を確認できます。
  • Shibboleth認証の設定は、設定ファイル config\cc_shibboleth_config.sample.php をコピーして config\cc_shibboleth_config.php を作成して設定します。

NetCommns2認証(SaaS追加オプション)

NetCommons2認証.jpg