データベース(概要)

Webサイト上にデータベースを作成できる機能です。

データベース(一覧)

データ一覧

  • 登録されているデータが一覧表示されます。
  • 設定によって、絞り込みの選択肢を表示できます。
  • 設定によって、並べ替えの選択肢を表示できます。
絞り込み

  • データを絞り込むことができます。
  • 絞り込める項目は選択肢の項目で且つ、項目設定で絞り込みの対象としたものになります。
並べ替え

  • データの並べ替えができます。
  • 並び替えできる項目は選択肢の項目で且つ、並び替えの対象としたものになります。

データベース(詳細画面)

データ詳細

  • 1件ずつのデータが詳細表示できます。
  • 表再画面に表示する項目は選べます。

データベース(設定側-詳細)

詳細画面では入力の型に応じて各種の設定が可能です。

<詳細画面で設定できる内容>

1行
文字
複数
文字
単一
選択
複数
選択
リスト
メール
日付
時間 複数年限

リンク

ファイル
画像
動画
ウィジウィグ
登録日
更新日
公開日
タイトルの設定
選択肢の設定
チェック処理の設定
項目毎の固有設定
キャプションの設定
DBカラム設定
デザインの設定

<タイトルの設定>

  • 新着情報等のタイトル表示に使う項目を、データベース毎に1つ指定できます。

<選択肢の設定>

  • 選択肢の追加、削除、表示順の変更ができます。

<チェック処理の設定>

「1行文字列型」、「複数行文字列型」について、下記の設定ができます。

  • 数値のみ許容
  • 英数値のみ許容
  • 入力最大桁数 ※数値用
  • 入力最大文字数
  • 最大値
  • 最小値

「日付型」について、下記の設定ができます。

  • 指定日数以降の日付のみ許容

<項目毎の固有設定>

  • 「時間型」で、分刻みの設定ができます。

<キャプションの設定>

  • キャプション内容の追加、キャプション文字色の変更ができます。

<DBカラム設定>

  • 一覧・詳細画面への表示・非表示を設定できます。
  • 権限毎に一覧・詳細画面または、登録・編集画面で表示カラムの表示・非表示を設定できます。
  • 並べ替え項目・検索対象項目として指定できます。
  • 行グループ・列グループを設定して、表示カラムを横並びに表示する事ができます。
  • <行グループ・列グループ設定例>
    項目名 行グループ 列グループ
    画像 1 1
    カラム1 1 2
    カラム2 1 2
    メール3 1 2
    カラム4 2 1
    カラム5 3 1
    カラム6 3 2
    カラム7 4 1
    カラム8 4 2
    カラム9 4 3
  • <表示例>
    1列 2列 3列
    1行 画像 カラム1
      カラム2
      メール3
    2行 カラム4
    3行 カラム5 カラム6
    4行 カラム7 カラム8 カラム9

<デザインの設定>

  • CSSのクラス名を設定できます。

データベース(設定側-インポート)

インポート

  • インポート機能は、管理者用の機能です。
    CSVファイルを使って、データベースへ一括登録できます。
  • CSVファイルの文字コードは Shift_JIS, 又は UTF-8 です。
    文字コードの自動検出は、Shift_JIS, UTF-8のいずれかを自動検出します。
  • CSVインポートは登録・更新に対応しています。
  • CSVファイル単体でのインポートの場合
    • 項目の型が「ファイル型」「動画型」「画像型」「登録日型」「更新日型」「公開日型」のデータは無視されます。
      必須項目の「公開日時」は登録されます。
  • 添付ファイル一括インポートの場合
    • ZIPファイルに添付ファイルを含める事で、添付ファイルもあわせてインポートできます。
    • ZIPファイルに対応している場合、CVSファイル選択の下に「※ CSVファイル・ZIPファイルに対応しています。」メッセージが表示されます。
      メッセージが表示されない場合、添付ファイル一括インポートに対応していません。
      (phpのZipArchive有効時、ZIPファイルに対応します。)
    • 項目の型が「登録日型」「更新日型」「公開日型」のデータは無視されます。
      必須項目の「公開日時」は登録されます。

<添付ファイル一括インポートのZIP内フォルダ構成>

  • ZIP内/[database_folder]/[database_file].csv
    ZIP内/[database_folder]/uploads/xxxxx_01.jpg
    ZIP内/[database_folder]/uploads/xxxxx_02.jpg
    ZIP内/[database_folder]/uploads/xxxxx_yyyyyy.pdf

    ※ ZIP内フォルダ名 [database_folder] は任意の名前(英数字記号)がつけれます。
    ※ CSVファイル名 [database_file].csv は任意の名前(英数字記号)がつけれます。ZIP内フォルダ [database_folder] 下に含めるCSVファイルは1ファイルです。
    [database_folder]/uploads/ の uploads は固定のフォルダ名です。ここに添付ファイルを入れてください。添付ファイル名は任意の名前(英数字記号)がつけれます。
    ※ ZIP内フォルダ名、CSVファイル名、添付ファイル名には日本語名は使えません。
    ※ windowsでフォルダをZIP圧縮すると、ZIP内にフォルダが1個作られるため、このフォルダ構成にしています。

  • ZIP内/[database_file].csv のファイル書き方

    "uploads/xxxxx_01.jpg"
    "uploads/xxxxx_02.jpg"
    "uploads/xxxxx_yyyyyy.pdf"

    ※ 対象ファイルが無いと入力チェックでエラーになります。