テーマのテスト

Slack

Connect-CMSのコミュニティチャットは、Slackを利用しています。

自由に参加できます。

Slackに参加する

Opac(蔵書管理・概要)

図書館などの蔵書を管理できます。

  • 蔵書登録時、ISBNから国会図書館のデータを呼び出せます。
  • 蔵書の検索、詳細情報の閲覧ができます。
  • 管理者及ログインユーザによる貸し出し、返却管理ができます。

Opac(蔵書管理・貸し出し管理)- 未ログイン

書籍一覧

  • 登録されている書籍が一覧表示されます。
  • タイトルや著者名で検索もできるので、本を探しやすくなっています。

書籍詳細

  • 本の詳細情報を見ることができます。

Opac(蔵書管理・貸し出し管理)- 一般権限

ログイン後の詳細画面

  • ログインすると、本の詳細画面で、貸し出し登録ができます。
  • 通信制の学校などでは、貸し出しリクエスト機能で、郵送での本の貸し出しも受付できます。
  • 貸し出し日数や冊数は、設定画面で、条件を設定します。
  • 学籍番号には自分の学籍番号が表示されます。モデレータ以上の権限では、代理での入力をしているという意味で、学籍番号は入力エリアになります。

ログイン後の詳細画面(貸し出し中)

  • 貸し出し中を表す表示例

ログイン後の詳細画面(返却)

  • 自分が借りていた本の場合は、返却情報を入力して、返却処理できます。
  • モデレータ以上の権限の場合は、学籍番号が入力になるので、受付で受け取った本の返却処理を行えます。
  • 返却すると、借りていたユーザの情報は削除され、この本が貸し出しされていたという記録だけが残ります。

Opac(蔵書管理・貸し出し管理)- 設定

Opac設定

  • Opac 機能の設定を行います。
  • 貸し出し、貸し出しリクエスト、返却時に管理人にメールで通知することができます。
  • 貸し出し日数と貸し出し冊数について、条件を設定することができます。
  • 貸し出し日数と貸し出し冊数の条件を役割毎に設定する場合、ユーザ管理の役割設定で役割を定義し、ユーザに役割を付与することで条件が有効になります。

Opac選択

  • 複数のOpacを登録できます。これにより、大学の異なるキャンパスや学習センターの図書を別に管理することも可能になります。

登録画面

  • 書籍の登録画面

登録画面(ISBN検索)

  • 書籍登録時、ISBNを入力すれば、書籍情報を取得できます。